セキュリティーは大切

最近の日本も一昔前と比べるとだいぶ物騒な時代になりました。
日常的に殺人事件が起きる殺伐とした世の中になっています。
夜、帰宅途中の安全に気を付けるのはもちろんのこと、住まいの中でも安全には気を付けなければなりません。
部屋の中にいるから、犯罪には巻き込まれないと言い切れる時代ではなくなってきているのです。
実際に、多くの一人暮らしの女性が、ドアや窓の鍵のかけ忘れによってアパートの部屋の中に侵入され、犯罪の被害に遭っています。
ですから、住まいの中でのセキュリティーや防犯対策は自分の命を守るために非常に大切なことだといえます。
まず、アパートそのものについてですが、部屋探しをする段階で、なるべく犯罪に巻き込まれにくい物件を見つけることが必要です。
オートロックができるドアだったり、エントランスがしっかりしていて管理人がいたりするところであれば、不審者が侵入するのは難しいでしょう。
また、駐車場や駐輪場、エレベーターや階段などのわきに不審者が隠れる死角となる場所があるかどうか普段から確認しておきましょう。
もし、確認しておかなければ、ふいに不審者が現れた時に対応が遅れることになります。
また、自分の防犯意識を高めることも当然ながら必要です。
家を出るときには必ずすべての窓を施錠し、ドアも必ずロックします。
帰宅したら、すぐにドアをロックする癖をつけましょう。
インターホンが鳴ってもすぐに出ることはせず、きちんとドアスコープで相手を確認し、チェーンをつけて応対するようにしましょう。

Copyright (C)2017一人暮らしをしよう.All rights reserved.