レイアウトは大事

一口に6畳の部屋と言っても、窓やドアの位置、クローゼットや押し入れの位置は各部屋によって異なります。
レイアウトを考えるにあたって大切なのは、大きな家具をどこに配置するかということです。
自分の部屋の家具のレイアウトは、窓やドアの場所、クローゼットの場所を加味しながら考えるものです。
どこでもいいから適当に机とベッドと本棚を置けばよいというものではありません。
まずはベッドの位置を決めましょう。
ベッドは窓からなるべく離れたところがよいでしょう。
窓から太陽の光が入ってくるので、睡眠がそれに影響されることのないようにするためです。
また、クローゼットや押し入れの戸の開閉を妨げない位置が良いでしょう。
もちろん部屋のドアの付近は論外です。
次に決めるのは机の位置です。
机がどこに置くかが決まったら、机の隣に本棚を置くようにするとよいでしょう。
レイアウトによっては部屋の雰囲気がガラッと変わることになりますから、よく考えてみることが大切です。
自分の頭の中で考えてみるだけでなく、紙に図面のようにして書き出してみることもできるでしょう。
自分一人の住まいとはいえ、レイアウト次第で快適さは大いに変わるものです。
レイアウトを考えるには頭の柔軟さが必要です。
頭が固いままだと現状から抜け出すことはなかなか難しいものです。
ところが、少し頭を柔らかくしてみると、今とは全然違うレイアウトがパッと思い浮かぶかもしれません。
少しのひらめきを十分大切にしましょう。

Copyright (C)2017一人暮らしをしよう.All rights reserved.