収納場所の有無は快適な住まいの鍵

あなたは自分の住まいに、あるいはアパートに、持っていたいものを全部しまっておく場所がなくて困っているでしょうか。
一人暮らし用のワンルームマンションには実はほとんど収納場所がありません。
それでも、一人暮らしを始めたばかりの頃は普段は使わないたくさんのものを実家においていくでしょう。
それにしても物をどこにしまうかという収納場所の問題は大きな問題と言えるかもしれません。
収納場所の多さが快適な住まいの秘訣と言っても過言ではありません。
適当な収納場所がある場合、多くの利点があります。
スペースが最も効果的に使えますし、家もきちんとして見え、乱雑な、ごたごたした感じがしません。
理想は、すべてのものを、見やすく、取り出しやすく、つかみやすいように収納することです。
では、この理想を実現させるにはどうすればよいでしょうか。
どうすれば、場所を節約しながら同時にものを傷めないで収納することができるでしょうか。
それにはまず場所を「つくる」ことが必要です。
それはつまり、今空いている場所をただ利用するというのではなく、場所を空けるために何か処分できるものはないかと考えてみることです。
すべての引出、棚、押入れなどを調べて、使わなくなったものを皆捨ててしまうようにしましょう。
例えばスキーの道具を何年も使っていなかったら、売ってしまう方が経済的です。
もしスキー道具を使う機会が訪れたなら、レンタルすれば済む話です。
またもし着ない服があれば、それは人にあげたりリサイクルショップに持っていったりすることができるでしょう。

Copyright (C)2017一人暮らしをしよう.All rights reserved.